m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>日本外科学会・馬場氏「外科医の業務総量減らす必要」

日本外科学会・馬場氏「外科医の業務総量減らす必要」

定期学術集会で看護師特定行為研修の説明会

2019年4月22日 水谷悠(m3.com編集部)


4月20日に開催された第119回日本外科学会定期学術集会では、外科医の勤務環境改善策の一つに挙げられる「看護師の特定行為研修」についての説明会が行われた。同学会外科医労働環境改善委員長で熊本大学大学院教授の馬場秀夫氏が外科医の労働環境の現状について講演し、厚生労働省の担当者は特定行為研修を行うための手続きを説明した。馬場秀夫氏馬場氏は、2008年度以降医師養成数の臨時増員が行われてきた中でも外科医の数は横ばいであることや、外科で後期研修に入る医師数が減少し、若手の割合が少なくなっていることなどを...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

医師本人と上司、双方への指導がカギ-中嶋義文・三井記念病院精神科部長に聞く◆Vol.2 2019/6/23

日医、「新職種の創設反対」を強調 2019/6/18

医師の健康、働き方は「自身の手で管理」-中嶋義文・三井記念病院精神科部長に聞く◆Vol.1 2019/6/16

医師の働き方改革、影響大は大学病院-迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.5 2019/6/13

「あなたの職場の残業を減らす10の方法」、全医連第12回シンポ 2019/6/10

「宿日直の許可基準、現状より改悪は許されず」、全医連 2019/6/9

働き方、地域医療構想、医師需給は「三位一体」-迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.4 2019/6/5

大学臨床系教員「専門業務型裁量労働制を基本とすべき」、AJMC 2019/6/1

「最初から診療報酬で手当て」は想定せず-迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.3 2019/5/29

医療界と社会、双方の働き方改革が必須-迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.2 2019/5/25

時間外「960時間超」6.8%、「1860時間超」0.1%、全自病調査 2019/5/23

1860時間は例外、基本は960時間以内-迫井正深・厚労省審議官に聞く◆Vol.1 2019/5/22

1860時間は長いが、方向性は示した―森本正宏・自治労総合労働局長に聞く 2019/5/14

各科教授にはマネジメント改革を要請-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.4 2019/5/13

働き方改革、カギは医師自身の意識改革-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.3 2019/5/7

大学勤務医「研究の扱い」、今後の焦点-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.2 2019/4/30

「黒船来襲」働き方改革は待ったなし 2019/4/23

日本外科学会・馬場氏「外科医の業務総量減らす必要」 2019/4/22

「外科医こそ率先して働き方改革を」、迫井厚労省審議官 2019/4/22

「年1860時間」はギリギリの妥協点-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.1 2019/4/21