m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>医学生に「会社作れ」と勧める訳

医学生に「会社作れ」と勧める訳

学び多く、経費落とせるメリットも

2019年5月5日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


さて、7回目です。以前会社を作った話をしました。作ってみて知ったのですが、会社を作るメリットはいっぱいあります。第一のメリットは、医者仲間から「社長」と呼ばれることです。起業する医師はあまりいないので、特に臨床医仲間には名刺の受けはいいです。現在「シャチョー」というあだ名で呼んでくれるグループが2、3あります。一方、産業医仲間は会社を作っている方も多く、そういう呼ばれ方することはありません。第二のメリットとしては、知らなかった社会の仕組みが分かるようになることです。例えば起業をしようとする方々に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事