m3.com トップ>医療維新>オピニオン|桑木晋の「急...>「285億円」の病院M&Aを経験

「285億円」の病院M&Aを経験

麻酔科医から転身、急成長した医療グループの経営に従事

2019年4月28日 桑木晋(一般社団法人巨樹の会副理事長)


「285億円」これからの生涯、目にすることのないような金額が記載された契約書を目の当たりにしました。この金額はプレスリリースされている数字でありますが、株式会社東芝から私が所属しているカマチグループが東京都品川区大井町にある東芝病院(296床)を譲受させていただいた際の金額です。それが今の東京品川病院です。契約したのは、2017年10月。その席には、東芝側からは幹部5人、当グループ側からも、私を含め3人が出席。私は2003年3月、名古屋大学卒。その後、麻酔科医として研修した後、1年間のボストンコ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

桑木晋の「急成長した医療グループの創業者と時間、経験を共有して」に関する記事(一覧

「285億円」の病院M&Aを経験 2019/4/28