m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|第30回日本...>新専門医制、「医師の働き方改革とリンク」

新専門医制、「医師の働き方改革とリンク」

学術プログラム「新専門医制度実施までの経緯と今後の課題」

2019年4月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


第30回日本医学会総会で4月27日、学術プログラム「新専門医制度実施までの経緯と今後の課題」が企画され、新専門医制度が直面している二つの大きな課題である、シーリング(専攻医の募集定員の上限)と、基本領域とサブスペシャルティ領域との連動研修が議論になった。日本医師会副会長で、日本専門医機構副理事長も務める今村聡氏は、「新専門医制度の議論をしていた時に、医師の偏在の話は以前も若干はあったが、あそこまで踏み込んだものは出ていなかった。また医師の働き方改革が新専門医制度ともリンクしてしまったので、難しく...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事