m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|第30回日本...>地域医療構想「確認すべき3つのポイント」、中川日医副会長

地域医療構想「確認すべき3つのポイント」、中川日医副会長

学術プログラム「地域医療構想・医療計画」

2019年4月29日 橋本佳子(m3.com編集長)


第30回日本医学会総会の4月27日の学術プログラム「地域医療構想・医療計画」で、座長を務めた日本医師会副会長の中川俊男氏は、「日医は厚生労働省と協議し、医療法に地域医療構想を位置付ける際に、医療費削減の仕組みを徹底的に削除したつもりだ。その結果、医療機関の自主的な取り組みで進める仕組みになった。それを推進するためには、地域医療構想に関する正しい理解と正しい方向性を持った議論が必要」と述べ、本プログラムで特に確認すべき3つのポイントを提示、理解を求めた。第一は、病床機能報告と2025年の「病床の必...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事