m3.com トップ>医療維新>レポート|第30回日本...>「医療を守るには、そんなにお金のかかることではない」財源確保で議論

「医療を守るには、そんなにお金のかかることではない」財源確保で議論

学術プログラム「超少子高齢社会を乗り切る医療制度改革と財源選択」

2019年5月7日 高橋直純(m3.com編集部)


第30回日本医学会総会で4月27日、学術プログラム「超少子高齢社会を乗り切る医療制度改革と財源選択」が企画され、医療費の財源確保について議論した。座長の二木立氏(日本福祉大学名誉教授)は「医療費は対GDP比で見るのが適切であり、今後漸増するが、急騰はしない」と強調した。二木氏は冒頭に「医療費・社会保障給付費の規模は対GDP比で見るのが適切であり、政府の公式推計では、この比率は今後漸増するが、急騰はしない。そのため、医療費の抑制ありきの行き過ぎた改革は避け、国民皆保険制度を堅持しつつ、良質で公平な...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事