m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>“スタンプラリー”、学会出席は何のため?

“スタンプラリー”、学会出席は何のため?

「10年後、20年後、学位や専門医が必要か」

2019年5月17日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


4月末に日本医学会総会と日本内科学会の総会が同時に名古屋で開かれました。参加するだけで専門医や認定医の更新に必要な単位数が稼げるということで、多くの方々が参加されていたようです。俗にスタンプラリーと呼ばれ、行くだけ行ってハンコをもらって帰る方も多かったのではないでしょうか。学術研究の発表の場でも、同業者が会ってアイデアや議論の交換をする場でも、臨床的能力を保ち続ける場でもない学術集会の意義は何なんだろうと思いますが、それは僕が専門医や認定医の更新を目的としていない部外者だからかもしれませんね。今...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事