m3.com トップ>医療維新>レポート|第30回日本...>「女性が活躍できず」は社会的損失、男女とも貢献できる社会を

「女性が活躍できず」は社会的損失、男女とも貢献できる社会を

学術プログラム「医療人の男女共同参画社会」

2019年5月15日 水谷悠(m3.com編集部)


「男性も女性もともに社会貢献し、家庭でも貢献」――。4月28日の第30回日本医学会総会の学術プログラム「医療人の男女共同参画社会」(座長:名古屋大学大学院医学系研究科医療技術学専攻病態解析学講座教授・永田浩三氏、浜松医科大学眼科教授・堀田喜裕氏)で、東京大学大学院医学系研究科消化管外科学准教授の野村幸世氏はこう語った。各演者は女性登用の推進や、「男女関係なく活躍できる社会」の実現を訴えた。永田氏(左)と堀田氏野村氏は、自身が参加している日本女性外科医会での議論で、「女性が手術に入れてもらえない」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事