m3.com トップ>医療維新>レポート|第30回日本...>「患者も医療者もAI活用の医療を受け入れる時代に」

「患者も医療者もAI活用の医療を受け入れる時代に」

学術プログラム「人工知能が切り開く未来医療」

2019年5月20日 長倉克枝(m3.com編集部)


第30回日本医学会総会で4月28日、学術プログラム「人工知能が切り開く未来医療」が開催され、大学病院における医療データの連携やその利活用などの紹介があった。会場は満席で立ち見も出るなど、参加者の関心の高さがうかがわれた。座長で東京大学大学院医学系研究科医療情報学分野教授の大江和彦氏は「これからの医療は、医療者だけでなく患者も自らAI(人工知能)を駆使して情報を得て、患者も医療者も今後はAIを活用した医療を受け入れる時代に入っていく。そうした中、AI技術とはどういうものなのか、どのような課題がある...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事