m3.com トップ>医療維新>オピニオン|山田瑛文の「...>地方の病院、都市部との3つの相違点

地方の病院、都市部との3つの相違点

「同姓患者の多さ、特有の感染症」に驚き、研修医の裁量に違いも

2019年5月26日 山田瑛文(順天堂大学医学部医学科6年生)


初期研修を都市部で行うか、地方で行うか。医学部6年生にとっては大きなトピックです。都市部で生まれ育った学生は、地方部へ行くことに対して抵抗感を持っている傾向にあると感じます。友人や恋人、家族など慣れ親しんだ環境を離れるのは覚悟がいる決断です。ちなみに、私も東京生まれ。楽天で働いている頃の配属面談の際には、「東京じゃなきゃやだ」と子供のようにゴネていましたし、当時の彼女には、「東京じゃなきゃ別れることも考える」と脅されていました。結果的には東京本社勤務になったものの、彼女とは別れましたが……。今思...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事