m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>英国GPが感じる「患者中心の医療」が必要な理由

英国GPが感じる「患者中心の医療」が必要な理由

「家庭医にとって主訴が医療的問題かどうかは重要ではない」

2019年6月8日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科・国際診療部総合診療医)


「あなたが一番困っていることは何ですか?」私はMr.Pという69歳の慢性気管支炎の患者を、かかりつけ医として長年フォローしていた。これまでの説得の甲斐もあり喫煙もやめ、症状は安定していると思っていた。しかし、ある日の朝にいつも通り地域の総合病院から送られてくる紹介状・逆紹介状に目を通していたところ、Mr.Pが息切れを訴え、頻回に総合病院の救急外来を受診していることが分かった。英国は国民の税収により国営保険サービス(NationalHealthcareService;NHS)を運営しており、国民の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事