m3.com トップ>医療維新>レポート>「かかりつけ医の社会的処方」、松田産業医大教授が重要性強調

「かかりつけ医の社会的処方」、松田産業医大教授が重要性強調

「日医かかりつけ医機能研修制度」応用研修会で講演

2019年5月27日 橋本佳子(m3.com編集長)


「日医かかりつけ医機能研修制度」の2019年度応用研修会が5月26日、日本医師会館で開催され、講師の一人である産業医科大学公衆衛生学教授の松田晋哉氏は、患者の社会的生活を医学的な側面から支援する、「社会的処方」(Socialprescribing)がかかりつけ医の重要な役割であるとし、その実践を働きかけた。「社会的処方」の起源は、イギリスのNHS。GeneralPractitioner(GP)が「社会的処方」の主たる担い手だ。日本では、介護保険の主治医意見書などが「社会的処方」に相当する。がんで...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

病院総合医は“負け組”にあらず、幹部候補生-済生会熊本病院◆Vol.4 2019/7/20

「在宅医療は21世紀のイノベーション」、2学会合併で第1回大会 2019/7/19

「診療しないこと」が正当化される場合など周知へ 2019/7/19

参院選立候補者、HPVワクチンの勧奨再開「反対」が半数 2019/7/19

「何でも無料にするべきか?」兵庫県三田市長 2019/7/18

岐阜市ががん検診結果誤通知、50代女性死亡 2019/7/17

超急性期病院の“無医村”をなくすが狙い-済生会熊本病院◆Vol.3 2019/7/12

国立大学病院「増収減益」続く、2018年度決算 2019/7/11

全自病「地域総合専門医(仮)」の創設を検討 2019/7/11

HPVワクチン接種の積極的勧奨再開、産婦人科医会が厚労省要望 2019/7/10

外保連83学会、2020年度改定に向け405項目を要望 2019/7/9

算定要件緩和、地域包括ケア推進など要望 2019/7/4

医師確保計画は「自由開業制」規制にあらず-今村聡・日医副会長に聞く 2019/7/4

宿日直や自己研鑽の通知「医師の業務を明確化、現代化」、日医 2019/7/3

日病会長、宿日直の新通知「少し医療現場に近づいた」 2019/7/3

パワハラで院長らを提訴、聖路加国際病院医長 2019/7/2

医師の働き方を根本から変える第一歩-済生会熊本病院◆Vol.2 2019/7/2

「看護と介護の区別、推計に必要」看護需給分科会 2019/7/1

医療技術の再評価は「分科会と別組織で」の意見も、日病協 2019/6/28

オンライン診療指針改定に1652件、9割が緊急避妊薬処方に意見 2019/6/28