m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>2019年6月のG20大阪サミットで「救急タグ」を配付し日本の安全性をアピール-大阪大学医学部附属病院高度救命救急センター酒井智彦氏に聞く◆Vol.2

2019年6月のG20大阪サミットで「救急タグ」を配付し日本の安全性をアピール-大阪大学医学部附属病院高度救命救急センター酒井智彦氏に聞く◆Vol.2

2019年6月25日 m3.com地域版


より安全で迅速な治療のためには、既往歴や使用中の薬、アレルギー歴などの救急医療情報はできる限り把握しておきたい情報だ。しかし救急の現場において、患者が搬送されてくる時に必ずしもその情報が入手できるとは限らない。患者自身がきちんと情報を把握していなかったり、症状が重篤で情報を伝えられる状態になかったりということは珍しくない。また、近年増加が著しい訪日外客の場合、言語が通じない可能性が高くなおさら確認が困難だ。こうした事態に対し大阪大学は2018年に「救急タグカード」プロジェクトに参画。国内外での活...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

【群馬】公立藤岡総合病院の研修医が第9回グランプリ、ぐんまレジデントグランプリ2019 2019/11/12

【岡山】しくじりテーマのカンファレンスを2病院合同で医師、検査技師らが開催-藤田浩二・津山... 2019/11/12

【高知】学部生が続々と学会賞を受賞する先端医療研究プログラム‐本家孝一・高知大学医学部先端... 2019/11/12

【福岡】既存のネットワークを活用し地域包括ケアシステムの問題点を解消-青木穂高・北九州市役... 2019/11/11

【北海道】開業2年でひと冬3000人以上、55カ国の外国人患者。全スタッフが英語対応-師井... 2019/11/11

【神奈川】若年性認知症患者の「伴走者」として長期的に支援‐田中香枝・曽我病院若年性認知症支... 2019/11/11

【大分】開放型病院として手術室のさらなる充実が必要‐柏木孝仁・宇佐高田医師会病院長に聞く◆... 2019/11/11

【沖縄】大学病院で20年間勤務後、新天地の宮古島に移住・開業‐竹井太・うむやすみゃあす・ん... 2019/11/11

【和歌山】小児医療に関するワークショップ「こどものみかた」‐児玉和彦・こだま小児科理事長に... 2019/11/11

【山形】公立病院&私立病院の再編で基盤を作り、地域を巻き込んでいく‐米沢市立病院と三友堂病... 2019/11/11

【三重】関心のなかったへき地医療に真正面から向き合い「やぶ医者大賞」受賞‐小泉圭吾・鳥羽市... 2019/11/11

【富山】ダーク・ツーリズム先として海外からも注目を集める公害被害の発信基地‐飯田博行・富山... 2019/11/11

【愛知】医療ツーリズム利用件数は2018年度264件と右肩上がり。PET健診が約4割‐高橋... 2019/11/11

【鹿児島】「民間医療用ヘリ」で県の救急医療をバックアップ‐米盛公治・米盛病院長に聞く◆Vo... 2019/11/11

【愛媛】医師高齢化の中、救急医療体制をいかに維持するか‐岡本茂樹・松山市医師会長に聞く◆V... 2019/11/11

【広島】「問いかけ」の継続で在宅医療チームの精度を上げる‐東條環樹・北広島町雄鹿原診療所所... 2019/11/11

【滋賀】患者家族の自立と交流を促す「食物アレルギー対応子ども食堂」‐楠隆・滋賀県立小児保健... 2019/11/11

【宮崎】ユーチューバーは現代の分身の術、がん専門医が発信する理由‐押川勝太郎・宮崎善仁会病... 2019/11/11

【栃木】地域の先生が中心になる地域医療連携‐森澤雄司・自治医科大学附属病院患者サポートセン... 2019/11/11

【山梨】県内重症救急患者3割を受け入れる、継続の鍵はこまめな地域連携-神宮寺禎巳・山梨県立... 2019/11/11