m3.com トップ>医療維新>レポート|最終講義>臨床医の基礎研究に利点あり、渡辺・東京医科歯科大教授最終講義

臨床医の基礎研究に利点あり、渡辺・東京医科歯科大教授最終講義

喘息30年間の苦しみ乗り越え、免疫を研究

2019年6月5日 大西裕康(m3.com編集部)


渡辺氏東京医科歯科大学理事・副学長(産学官連携・研究展開担当)兼大学院医歯学総合研究科消化器病態学分野・消化器内科教授(総合研究機構長)の渡辺守氏は3月19日、2018年度での定年退官を前に最終講義を行った。自身の経験から「臨床医による基礎研究」に取り組む意義や重要性、必要性について語った。渡辺氏は、1979年に慶應義塾大学医学部を卒業。1985年に同大医学部大学院(内科学)を修了後は、途中に米国ハーバード大学への留学をはさんだ以外は約21年間、慶応義塾大学病院に所属。2000年、45歳の時に東...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

最終講義に関する記事(一覧

感染症対策、人と人の絆こそ“ワクチン” 2019/7/23

外科医はどの領域でも手術所見の作画訓練を、寶金・北大教授の最終講義 2019/6/6

臨床医の基礎研究に利点あり、渡辺・東京医科歯科大教授最終講義 2019/6/5

医学研究の世界も「人」こそ大切、伊藤・東北大教授最終講義 2019/6/4

「動脈硬化退縮を目指して」、代田・順大循環器内科教授最終講義 2019/5/17

「苦しむ人々の声を聴く」が最も困難な義務、山本和利・札幌医大教授 2019/3/4

順大・久岡教授の最終講義、故小渕首相に随行した経験など紹介 2018/6/11

兵庫医科大、iSC細胞の松山氏らが最終講義◆Vol.2 2018/5/25

兵庫医科大、主任教授・佐野氏らが最終講義◆Vol.1 2018/5/6

九大・前原教授「人格を磨き、社会に貢献する外科医育成を目指した」 2018/3/27

脳血管の収縮拡張現象と片頭痛の病態解明へ、慶應大神経内科教授の鈴木氏、最終講義 2018/3/23

里見進・東北大学総長、最終講義「創造と変革を先導する大学」 2018/3/9

下瀬川徹・東北大学名誉教授、最終講義「私の膵臓研究」 2018/2/27

「がんへの挑戦」、東北大腫瘍外科教授の大内氏、最終講義 2017/2/12

胃がん手術の権威が退職記念講演、「医の原点は愛」 2016/5/13

坂口阪大教授、「免疫学の常識覆す」軌跡語る 2016/4/11

有賀徹・昭和大学教授、「医療は総力戦で戦え!」 2016/2/17