m3.com トップ>医療維新>レポート|奈良・勾留医...>奈良・勾留中の男性医師死亡、「検察の不起訴は不当」

奈良・勾留中の男性医師死亡、「検察の不起訴は不当」

出羽・岩手医大教授、「公開法廷で事実を明らかにしたい」

2019年6月5日 橋本佳子(m3.com編集長)


奈良県の山本病院に勤務していた男性医師(当時54歳)が奈良県桜井警察署に勾留中の2010年2月、呼吸停止になり搬送先病院で死亡した事件で、奈良県県警本部に刑事告発した岩手医科大学法医学講座教授の出羽厚二氏は6月5日、奈良検察審査会に対し、不起訴処分は不当とする審査申立書を提出、受理された。出羽氏は、男性医師は取り調べ中に、警察官からの殴打で傷害を負い、横紋筋融解症を発症、それが原因となり急性腎不全などの多臓器不全で死亡したと見て、2016年11月、奈良県警察本部を特別公務員暴行陵虐致死容疑で告発...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事