m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>「月平均80時間以下」、勤務医には難しい?

「月平均80時間以下」、勤務医には難しい?

働き方改革、まずは労基法の正しい理解を

2019年6月8日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


さて、区切りの10回目です。今回は産業医から見た「働き方改革」の話をします。2019年4月より働き方関連法と言われる一連の法が施行されています。その中の目玉の一つとして労働時間規制の話があります。ここで勤務医の皆様を例に基本的なことを確認しておきましょう。(1)基本的に勤務医は労働者、開業医は労働者ではない。(2)労働者には労働基準法が適用され、①働かせられる時間は1日8時間まで、週に40時間まで、②週に1回法定休日がある(通常は日曜日なので以下、日曜日とします)、③日曜日以外で1日8時間、週4...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事