m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>南海トラフ大地震を想定した「日赤愛知災害管理センター棟」を着工―名古屋第二赤十字病院院長・佐藤公治氏◆Vol.1

南海トラフ大地震を想定した「日赤愛知災害管理センター棟」を着工―名古屋第二赤十字病院院長・佐藤公治氏◆Vol.1

2019年6月25日 m3.com地域版


南海トラフ巨大地震の発生に備え、2019年6月から新たに「日赤愛知災害管理センター棟」を建設する名古屋第二赤十字病院。大規模災害で県内各地に出動する災害派遣医療チーム(DMAT)や赤十字救護班などの受け入れ、日赤愛知県支部の災害拠点本部の設置などを想定している。災害派遣に特化した棟の建設は全国でも珍しい試み。院長の佐藤公治氏、副院長で看護部長の伊藤明子氏、業務兼経理部長の藤居靖幸氏に、災害管理センター棟を建設するに至った背景や経緯、職員に行っている災害発生時の研修内容について聞いた。(2019年...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

【静岡】市のお金の使い道に疑問「誰も言わないなら自分が」-西田秀焼津市長選立候補予定者に聞... 2020/12/2

【兵庫】「COVID-19を機に病院全体で変革」院内感染発生の神戸市立医療センター中央市民... 2020/12/1

【熊本県】医師25.0%がこの冬を「乗り切れる」◆Vol.1 2020/11/30

【兵庫県】医師31.3%がこの冬を「乗り切れる」◆Vol.1 2020/11/30

【大阪府】医師26.6%がこの冬を「乗り切れる」◆Vol.1 2020/11/30

【京都府】医師33.7%がこの冬を「乗り切れる」◆Vol.1 2020/11/30

【愛知県】医師28.2%がこの冬を「乗り切れる」◆Vol.1 2020/11/30

【静岡県】医師28.4%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【沖縄県】医師34.5%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【鹿児島県】医師44.1%がこの冬「乗り切れる」 2020/11/30

【宮崎県】医師19.0%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【大分県】医師30.8%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【長崎県】医師25.7%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【佐賀県】医師52.4%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【福岡県】医師38.6%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【高知県】医師44.4%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【愛媛県】医師35.9%がこの冬「乗り切れる」 2020/11/30

【香川県】医師21.1%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【徳島県】医師31.6%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【山口県】医師35.3%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30