m3.com トップ>医療維新>オピニオン|Dr.木川の...>実効性ある地域枠制度はどうすればいい?

実効性ある地域枠制度はどうすればいい?

2019年6月23日 木川英(川越救急クリニック副院長)


令和になりましたね。その前後の10連休のゴールデンウイーク、皆様はどのように過ごされたでしょうか。もう1ヵ月くらい前のことですので、記憶も薄れている頃でしょうか。当院は年末年始と同じ体制で、5日間ずつ、院長と私で分担して夜間から翌朝までという通常営業しました。連日50人前後の外来患者の診察、4-5台の救急車患者の受け入れをしました。発熱患者は連日半数以上で、その他は外傷系でしたが、この時期ですのでインフルエンザはほとんどいませんでした。その代わり、ウイルス性胃腸炎の患者さんがとても多かった印象で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事