m3.com トップ>医療維新>レポート|医学部不適切...>不正入試の解決に医師の労働・研修改善が必要

不正入試の解決に医師の労働・研修改善が必要

医学連調査報告書、学内でのハラスメント事例も集まる

2019年6月13日 大西裕康(m3.com編集部)


全日本医学生自治会連合は、不正入試に関して医学部学生を対象に調査し、58医学部の計3017人から得た回答を集計・分析した最終報告書をまとめ、医学連ホームページで公表した。調査の結果を踏まえ、「性別・年齢による受験生への不当な扱いを根本から解決するためには、医師の労働環境や研修制度の改善が必要」と訴える内容などを含む3つの提言も盛り込んだ。医学部内に存在する差別・セクハラが浮き彫りなったとして、医学生から寄せられた実体験なども複数示した。最終報告書は医学連が医学生らに周知するなど今後の活動で用いる...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医学部不適切入試に関する記事(一覧

女性13人が順天堂大を提訴、不適切入試 2019/6/20

不正入試の解決に医師の労働・研修改善が必要 2019/6/13

大学入試で性別、年齢などによる差別禁止を明記 2019/6/11

3度不合格の女性「なぜ人の人生を性別で品定めするのか」、東京医大訴訟 2019/6/7

「大学に自浄作用なくば、文科省の指導を」 2019/4/5

東京医大、元受験生33人が計1億2960万円求め提訴 2019/3/23

東京医大、寄付金で入試の個別調整「強く疑われる」 2019/3/4

東京医大の2018、19年度助成金不交付、7大学は減額 2019/1/22

岩手医大、2018度不合格の8人を追加合格 2019/1/9

東医大と神戸大以外、2019年度募集人員維持へ 2018/12/29

順天堂大は追加入学意向48人中3人 2018/12/28

不適切入試に伴う定員増、「中長期的な医師需給への影響なし」 2018/12/27

東京医科大を提訴、消費者団体が受験料返還求め 2018/12/18

大学入試、罰則含むルール検討へ―文科省 2018/12/14

日大、優遇による合格者を18人から12人に訂正 2018/12/14

聖マリアンナ医大「属性による一律評価せず」 2018/12/12

日大、同窓生子女3年で12人を優先補欠合格【12月13日訂正発表】 2018/12/12

順大学長、女子・多浪の差異は「裁量の範囲内」 2018/12/11

北里大、補欠合格で男性・若年者を優先 2018/12/10

順大、一次試験で一部の女子・多浪を不合格に 2018/12/10