m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>学会もTwitterで情報発信する時代に

学会もTwitterで情報発信する時代に

SNSとの上手な付き合い方、活用術

2019年6月23日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


さて11回目です。今回はSNSとの付き合い方について、産業医から見たイメージについてお話しします。僕の場合、主に使っているのはFacebookですが、最近Twitterも始めました。産業医の仕事を始めるようになって弁護士の先生方にも知り合いが増えたのですが、特に個人で法律事務所を開いている先生方は実名、あるいは実名がなくとも本名がすぐ分かる形で専門的な発信を続けておられる方も多い一方、医療者では実名をはっきりさせない形で日常的なつぶやきをされている方のほうが多い印象があります。弁護士の先生の場合...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事