m3.com トップ>医療維新>レポート|安倍政権の医...>「社会保障、このままでは持続可能とは言えず」財政審建議

「社会保障、このままでは持続可能とは言えず」財政審建議

榊原会長「将来世代へのツケ回しに歯止めを」

2019年6月19日 水谷悠(m3.com編集部)


財政制度等審議会(会長:榊原定征・東レ特別顧問)は6月19日、「令和時代の財政のあり方に関する建議」をまとめ、麻生太郎財務大臣に手渡した。社会保障について「このままでは制度が持続可能とは言えない。着実かつ迅速に改革を実施していく以外に途がない状況にある」などと厳しく指摘する内容で、榊原会長は記者会見で「令和は受益と負担の乖離、将来世代へのツケ回しに歯止めをかける時代にしなければならない」などと語った。榊原氏(左)と麻生氏建議では、まず今後の社会保障改革の考え方を提示。65歳以上人口が2040年頃...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

安倍政権の医療制度改革に関する記事(一覧

「骨太方針2019」と「成長戦略実行計画」、閣議決定 2019/6/21

「社会保障、このままでは持続可能とは言えず」財政審建議 2019/6/19

医療の給付と負担の在り方、来年度の「骨太方針」に 2019/6/11

麻生財相「地域医療構想は不十分」、経済財諮問会議 2019/6/1

「保険者へのインセンティブ強化で疾病予防」未来投資会議で安倍総理 2019/3/21

「改革工程表2018」決定、全世代型社会保障制度への転換目指す 2018/12/20

「非課税下での消費税問題は全体で解決」、三師会と四病協が合同会見 2018/12/19

診療報酬本体0.41%増、厚労・財務大臣折衝 2018/12/18

「医療に係る消費税問題は解決」、日医 2018/12/14

社会保障分野61項目の改革求める、骨太2018工程表 2018/12/11

「いつでもどこでもケア」、オンライン医療を推進 2018/11/27

「薬剤師が栄養指導できるように」経済財諮問会議で民間委員 2018/11/21

財政審、国民皆保険は「持続可能性踏まえた給付に」 2018/11/20

医療・介護WG関連は28件、規制改革ホットライン 2018/11/20

財務省「病床数と入院医療費は相関、病床削減を」 2018/10/30

2018年末に新たな改革工程表、経済財政諮問会議 2018/6/16

介護分野で外国人人材の受入拡大、経済財政諮問会議 2018/6/6

2019-2021年度「社会保障改革を軸に『基盤強化期間』に」、経済財政諮問会議 2018/5/29

「地域別の診療報酬は“伝家の宝刀”」、荒井奈良県知事 2018/5/28

財政審、社会保障費抑制を求めるも、抑制目標示さず 2018/5/24