m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>「医療だけに依存しない英国民、平等から公平な医療へ」

「医療だけに依存しない英国民、平等から公平な医療へ」

患者のヘルスリテラシー向上は医師の働き方改革の一環

2019年6月22日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科・国際診療部総合診療医)


昨年10月、1年ぶりの英国の街並みを車中から眺めていた。20年以上の年月を過ごし住み慣れた英国の風景も、日本から久しぶりに戻ると随分と懐かしく感じる。まだ10月なのにもかかわらず外に出れば肌寒く、灰色の空とビクトリア朝時代の家が立ち並ぶ街の中をヒースロー空港からホテルにタクシーで向かう中、英国に住んでいた頃の思い出に浸っていた。陽気なタクシー運転手、30歳後半くらいだと思うが、私が英国でかつて家庭医(GP)をしていた話をすると、彼は車内で盛んに咳をしながら私にこう言ってきた。「君はGPだから聞く...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事