m3.com トップ>医療維新>レポート>全自病会長、骨太原案は「医療の在り方厳しく設定」

全自病会長、骨太原案は「医療の在り方厳しく設定」

「民間も改革プランを出して話し合いを」

2019年6月21日 水谷悠(m3.com編集部)


全国自治体病院協議会会長の小熊豊氏は6月20日の定例記者会見で、経済財政諮問会議が6月11日に公表した「経済財政運営と改革の基本方針2019」(骨太方針2019)の原案について「いよいよ厚労省を超えて、財務省や内閣府といったところがますます今後の(医療の)在り方について厳しく設定したという印象だ」と述べた(原案は、『医療の給付と負担の在り方、来年度の「骨太方針」に』を参照)。原案では病床のダウンサイジングや医療機能の再編などを求めており、「再編・統合が地域に必要なら決して否定するものではなく、し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

インデックス(一覧

岐阜市ががん検診結果誤通知、50代女性死亡 2019/7/17

看護師「無給医のオーダーは優先的に」―無給医の現場の声◆Vol.4 2019/7/15

超急性期病院の“無医村”をなくすが狙い-済生会熊本病院◆Vol.3 2019/7/12

国立大学病院「増収減益」続く、2018年度決算 2019/7/11

全自病「地域総合専門医(仮)」の創設を検討 2019/7/11

HPVワクチン接種の積極的勧奨再開、産婦人科医会が厚労省要望 2019/7/10

外保連83学会、2020年度改定に向け405項目を要望 2019/7/9

算定要件緩和、地域包括ケア推進など要望 2019/7/4

医師確保計画は「自由開業制」規制にあらず-今村聡・日医副会長に聞く 2019/7/4

宿日直や自己研鑽の通知「医師の業務を明確化、現代化」、日医 2019/7/3

日病会長、宿日直の新通知「少し医療現場に近づいた」 2019/7/3

パワハラで院長らを提訴、聖路加国際病院医長 2019/7/2

医師の働き方を根本から変える第一歩-済生会熊本病院◆Vol.2 2019/7/2

「看護と介護の区別、推計に必要」看護需給分科会 2019/7/1

医療技術の再評価は「分科会と別組織で」の意見も、日病協 2019/6/28

オンライン診療指針改定に1652件、9割が緊急避妊薬処方に意見 2019/6/28

覚醒剤取締法違反、収賄罪など医師9人に行政処分 2019/6/28

地域医療支援病院、「医師の少ない地域」支援が基本的役割 2019/6/26

診療科偏在「『女性差別で解決』は最悪の手段」、不正入試問題シンポジウム 2019/6/23

全自病会長、骨太原案は「医療の在り方厳しく設定」 2019/6/21