m3.com トップ>医療維新>レポート|地域医療構想>「公民、同じ土俵にない根拠」、中川日医副会長が提示

「公民、同じ土俵にない根拠」、中川日医副会長が提示

公立病院への繰入金、2017年度は873病院で約8000億円

2019年6月22日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会副会長の中川俊男氏は、6月21日の厚生労働省「地域医療構想に関するワーキンググループ」(座長:尾形裕也・九州大学名誉教授)の第22回会議で、公立病院への地方交付税の繰り入れ状況などを分析した「地域医療構想調整会議での議論の活性化にむけて」と題する資料を提出した。2017年度の公立病院(都道府県・市町村立と地方独立行政法人立)への繰入金は、873病院の合計で約8000億円。そのうちランニングコスト(収益的収入)に対する繰入金は約6000億円で、1病院当たり平均7億円(総務省「地方公営企業...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

地域医療構想に関する記事(一覧

「再検証」要請の424病院、「統廃合」の対象にあらず 2019/10/13

424の公立・公的病院名公表、混乱の「正常化」目指す 2019/10/4

「『再編統合』という言葉が先走り、混乱懸念」、横倉日医会長 2019/10/2

日病会長「厚労省がどうしたいか分からない」 2019/10/2

「調整会議の活性化、それが目的の9割」、中川日医副会長 2019/9/30

「調整会議の議論活性化が趣旨」、3094の民間病院の実績も提示 2019/9/30

424の公立・公的病院等、再編統合も視野に「再検証」 2019/9/26

公立・公的病院「再編統合」の再検証、要請方針を了承 2019/9/6

「公民、同じ土俵にない根拠」、中川日医副会長が提示 2019/6/22

公立・公的病院の「代替可能性」「再編統合」、検証手順おおむね了承 2019/6/21

地域医療構想、「国が重点的に支援する区域」設定し推進 2019/6/7

公立・公的病院の病床機能、2025年度も全体では「現状維持」 2019/5/16

第7次医療計画「中間年の見直し」見据え、今年末に意見集約 2019/3/29

17項目で診療実績「見える化」、公立・公的病院の再編後押し 2019/3/20

病床機能報告「稼働病床数」は廃止、3項目を見直し 2019/2/25

地域医療構想、医師確保計画、働き方改革は「一体的に」 2019/2/15

「公の重点化」が必要な構想区域、4つのパターン例示 2019/1/31

基金100億円増額も「使い勝手が悪い」、中川日医副会長 2019/1/17

地域医療構想、実現を阻むのは「首長」 2018/12/21

「在宅医療充実に向けた都道府県の役割」、厚労省通知へ 2018/11/12