m3.com トップ>医療維新>レポート>診療科偏在「『女性差別で解決』は最悪の手段」、不正入試問題シンポジウム

診療科偏在「『女性差別で解決』は最悪の手段」、不正入試問題シンポジウム

被害者弁護団に740万円のクラウドファンディング

2019年6月23日 高橋直純(m3.com編集部)


医学部入試における女性差別対策弁護団は6月22日、東京都内でシンポジウム「ジェンダー平等こそ私たちの未来―医学部入試差別から考える―」を開催した。問題の背景にある医師を取り巻く過酷な労働環境や、日本における伝統的な男女分業の在り方などについて議論が行われた。同弁護団は東京医大の不正入試問題をきっかけに2018年に結成され、現在までに元受験生の女性を原告として東京医大、順天堂大に訴訟を起こしている。裁判費用をクラウドファンディングで集めたことでも注目を集めた。2018年10月24日に目標金額を25...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

「何でも無料にするべきか?」兵庫県三田市長 2019/7/18

岐阜市ががん検診結果誤通知、50代女性死亡 2019/7/17

超急性期病院の“無医村”をなくすが狙い-済生会熊本病院◆Vol.3 2019/7/12

国立大学病院「増収減益」続く、2018年度決算 2019/7/11

全自病「地域総合専門医(仮)」の創設を検討 2019/7/11

HPVワクチン接種の積極的勧奨再開、産婦人科医会が厚労省要望 2019/7/10

外保連83学会、2020年度改定に向け405項目を要望 2019/7/9

算定要件緩和、地域包括ケア推進など要望 2019/7/4

医師確保計画は「自由開業制」規制にあらず-今村聡・日医副会長に聞く 2019/7/4

宿日直や自己研鑽の通知「医師の業務を明確化、現代化」、日医 2019/7/3

日病会長、宿日直の新通知「少し医療現場に近づいた」 2019/7/3

パワハラで院長らを提訴、聖路加国際病院医長 2019/7/2

医師の働き方を根本から変える第一歩-済生会熊本病院◆Vol.2 2019/7/2

「看護と介護の区別、推計に必要」看護需給分科会 2019/7/1

医療技術の再評価は「分科会と別組織で」の意見も、日病協 2019/6/28

オンライン診療指針改定に1652件、9割が緊急避妊薬処方に意見 2019/6/28

覚醒剤取締法違反、収賄罪など医師9人に行政処分 2019/6/28

地域医療支援病院、「医師の少ない地域」支援が基本的役割 2019/6/26

診療科偏在「『女性差別で解決』は最悪の手段」、不正入試問題シンポジウム 2019/6/23

全自病会長、骨太原案は「医療の在り方厳しく設定」 2019/6/21