m3.com トップ>医療維新>オピニオン|山田瑛文の「...>「Life is hell.」、難病で亡くなった友人の言葉

「Life is hell.」、難病で亡くなった友人の言葉

「いい医者とは何か」を考える契機に

2019年6月30日 山田瑛文(順天堂大学医学部医学科6年生)


「いい医者になりたい」――。医師も医学生も言葉にしたことはなくても、一度は考えたことがあると思います。本年5月から続いたクリニカルクラークシップの期間も6月末で終了し、いよいよマッチングや国試対策の時期が始まります。将来のキャリアプランについてもこの時期で深く考える医学生も多いことでしょう。将来のキャリアプランを考える時、どうやったら自分が考える「いい医者」になれるかを考えます。しかしながらこの「いい医者」とはどのような医師を指すのでしょうか。良いか悪いか、という判断は基本的には他人がするもので...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事