m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>福岡市宿泊税条例が成立 県も提案、初の二重課税へ

福岡市宿泊税条例が成立 県も提案、初の二重課税へ

2019年6月26日 西日本新聞


福岡市議会は24日、ホテルや旅館の宿泊客に課税する「宿泊税」を定めた条例案を賛成多数で可決した。福岡県の宿泊税条例案も県議会に提案されており、来月11日に可決される見通し。市と県は総務相の同意に向けた手続きを共同で行い、東京五輪・パラリンピックで訪日外国人客の増加が見込まれる来年度からの同時導入を目指す。福岡市内では県と市がともに宿泊税を徴収する全国初の「二重課税」となる。成立した福岡市の宿泊税条例は、民泊を含む全ての宿泊客が対象。1人1泊の税額を宿泊料2万円未満が150円、同2万円以上が450...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

薬だけに頼らない総合力の緩和ケア―愛知県がんセンター緩和ケア部部長・下山理史氏に聞く◆Vo... 2019/7/16

「すべては患者の安全のため」手術支援ロボットダヴィンチとハイブリッド手術室を導入―伊勢崎市... 2019/7/16

茨城県が経験した、2つの再編統合―茨城県保健福祉部医療局医療政策課副参事の鹿志村泉氏に聞く... 2019/7/16

佐賀県唯一の精神科スーパー救急病棟を持つ病院、地域連携に取り組む‐肥前精神医療センター地域... 2019/7/16

懇話会から始めて認知症診療の連携システムを確立‐西京区認知症地域ケア協議会の塚本忠司医師と... 2019/7/16

ACP研修会で学んだことをこれからの医療現場に!-済生会広島病院副院長の亀田彰氏に聞く◆V... 2019/7/16

「医療者は安易に死んではなりません」世界でもっとも影響力のある100人に選ばれた医師ー菅野... 2019/7/16

医療・介護の垣根を超える地域勉強会を100回開催-医療法人弘仁会板倉病院院長の梶原崇弘氏、... 2019/7/16

「夜間集会」でうつ病や依存症の患者同士が支え合う―長崎市の西脇病院院長・西脇健三郎氏に聞く... 2019/7/16

初年度年商1憶円。在宅嚥下注力の歯科が成功した理由―もぐもぐクリニックの松宮春彦院長に聞く... 2019/7/16

日本の地域医療の将来を担う若手医師育成の一助に「やぶ医者大賞」を開催ー兵庫県養父市役所健康... 2019/7/16

医療・栄養の知識に基づいた調理資格「メディシェフ」の普及で予防医療に寄与―大村クリニック副... 2019/7/16

外国人患者がひと冬で1000人。スキーリゾート近くで手術可能な日本に皆、驚愕する―倶知安厚... 2019/7/16

中規模病院ながら地域の急性期医療の最前線に、秘訣は「チームワークと効率性の追求」-村田升・... 2019/7/16

チョコで血圧を下げる!嗜好品で生活習慣病を予防する日本唯一の外来―戸田中央総合病院嗜好品外... 2019/7/16

胎児の心臓動画を遠隔診断―近畿大学病院小児科講師・稲村昇氏に聞く◆Vol.1 2019/7/16

医療から教育まで、「地域に密着した大学病院」の在り方とは―北里大学メディカルセンター病院長... 2019/7/16

保健所との連携により福祉面も強化・大阪母子医療センター「南大阪MOCOネット」―患者支援セ... 2019/7/16

病院での「働き方改革」、離職者への面談も―熊本セントラル病院事務部次長の田上説子氏に聞く◆... 2019/7/16

大学と病院で、次世代のスポーツトレーナーを育てる-医療法人相生会福岡みらい病院院長の石束隆... 2019/7/16