m3.com トップ>医療維新>レポート|志賀隆の「救...>NPの増加こそ医療界を救う秘策

NPの増加こそ医療界を救う秘策

医療の質は向上も、医療費は上がらない!

2019年6月28日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)


―エピソードー以前、こんな場面がありました。私が駆け付けると80歳の女性が救急搬送で到着したばかりでした。老人ホームで朝ごはんを食べた後に失神したとのこと。同僚の田中さんが、バイタルサインを測り、モニターを着け、静脈路確保、採血、心電図、心エコーをてきぱきとこなしてくれているところでした。そこに「35歳の男性が階段の踊り場で耳から血を流して倒れていた」という新たな受け入れ要請が。すかさず、田中さんが「先生!この患者さんは痙攣の既往で当院受診歴もあるようです。意識も悪く、耳からの出血ということで頭...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

志賀隆の「救急医療の現場から」に関する記事(一覧

マッチングの秋、研修先選びは「自分に正直に」 2020/9/20

「漫然と面接していませんか?」戦略的選考で人柄も見極め 2020/8/15

「退職する専攻医はいますか」研修医が見学時に聞くべき点 2020/7/26

「うるせー!」泥酔して暴れる患者、飲み過ぎた理由は「コロナで…」 2020/6/27

COVID-19でイベント中止、リクルートはどうする? 2020/5/31

研修医のギャップととまどいに備える 2020/4/26

3月、病院に来ない研修医、どうする? 2020/3/15

独居の高齢者が救急外来に、その時どうする? 2020/2/29

救急外来から患者さんを帰す時に必要な「かきくけこ」 2020/1/26

医師のタスクスイッチの効率を上げる5つの方法 2019/12/28

先生が誘った飲み会、楽しいの? 2019/11/29

医療者の提案が伝わらない患者さんに出会った時は 2019/10/25

突然、来年の職場がなくなっても 2019/9/29

3人の医師の運命を変えた“熱い夏” 2019/8/30

女性医師がカギ!救急専門医倍増私案 2019/8/2

NPの増加こそ医療界を救う秘策 2019/6/28

職場の雰囲気が悪いことで失う物って? 2019/5/26

優秀な医師ほどバーンアウトする? 2019/3/3

コンサルトのうまいコツ、教えます 2018/12/30

「研修医よ、なぜ忘れる!」と怒ってはダメ 2018/11/10