m3.com トップ>医療維新>レポート|無給医問題>大学病院の「無給医」、少なくとも2191人、文科省調査

大学病院の「無給医」、少なくとも2191人、文科省調査

柴山文科相「支払っていない現状、改めるのが当然」

2019年6月28日 岩崎雅子、高橋直純(m3.com編集部)


文部科学省は6月28日、大学病院の医療現場で診療行為を行っているにもかかわらず本給が支給されていない医師・歯科医師、いわゆる「無給医」の実態に関する調査結果を公表した。調査対象者の108病院(医科歯科含む)、計3万1801人のうち、少なくとも7%に当たる2191人(50病院)が今後もしくはさかのぼって給与を支払う必要がある「無給医」だと判明した。その他、無給だが合理的理由があるとして、支払い対象とならなかったのが3594人、さらに精査が必要となったのが1304人で、今後、さらに増える可能性がある...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事