m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>高額薬剤は「先進医療で」医師の4割

高額薬剤は「先進医療で」医師の4割

m3.com医師会員の意識調査「高額薬剤どう思う?」◆Vol.1

2019年7月6日 大西裕康(m3.com編集部)


小野薬品工業の免疫チェックポイント阻害剤「オプジーボ」(一般名:ニボルマブ)が登場して以降、何かと話題になっているのが医療用医薬品や再生医療等製品の価格だ。m3.com医師会員を対象に調査(勤務医1886人、開業医492人が回答)したところ、6割以上が医薬品などの高額化に問題意識を持っていた。また年代が上がるにつれて「問題ある」との回答割合が増えた。公的医療保険での取り扱いについては、保険外併用療養の対象になる「先進医療」として実施すべきとの回答が最も多かった(『CAR-T細胞療法「キムリア」、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事