m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>「保険診療の在り方を見直す時期」「許容すべき」

「保険診療の在り方を見直す時期」「許容すべき」

m3.com医師会員の意識調査「高額薬剤どう思う?」◆Vol.2

2019年7月7日 大西裕康(m3.com編集部)


高額な薬剤の開発が続いている現状と国民皆保険の持続可能性について自由回答を募ったところ、保険診療の在り方の見直しを議論すべき時期との意見や、高齢者に対する積極的治療と保険診療の関係も議論すべきとの意見が多く集まった。希少疾病や難病については、公的保険とは別の仕組みで治療を支えるべきとの意見も複数出た。【保険診療の在り方を見直す時期では】・Primaryendpointの改善を認めない高額薬品(例えばoverallsurvivalが伸びない分子標的薬など)は、保険診療としては認めるべきではない。[...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事