m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>合格率3割、労働衛生コンサルタント受験記

合格率3割、労働衛生コンサルタント受験記

産業医として仕事をする5つの方法とは?

2019年7月7日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


さて12回目です。今回は、労働衛生コンサルタントについてお話をします。日本医師会の認定産業医資格は5年に1回更新があります。更新には5年間の間に20時間の講習の受講が必要です。初年度から計画的にこまめに単位を取りに行っていれば年に4時間ですから、それほど難しくはなさそうです。ただ忙しい先生方には講習会の場所や時間が合わないことも多く(特に実地研修がなかなか取れません)、更新期限間際になって慌てたり、現在産業医として仕事をしていない先生はそのまま更新できずに終わったりします。僕が産業医資格を新たに...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事