m3.com トップ>医療維新>レポート|新建築探訪>都心一等地、19階建ての新病院にリニューアル - 虎の門病院◆Vol.1

都心一等地、19階建ての新病院にリニューアル - 虎の門病院◆Vol.1

「災害対応、国際化」打ち出す、各種設備も充実

2019年7月9日 橋本佳子(m3.com編集長)


5月1日、元号が令和に変わった初日に、虎の門病院が新築移転した。場所は、東京都港区の「虎ノ門二丁目地区」の再開発地区。旧病院の隣接地だ。地上19階、地下3階の高層ビルで、延べ床面積は旧病院の約6万平方メートルから、約8万6000平方メートルへと約1.4倍に拡大した。病床数は868床から819床へと減らしたが、個室を33床から216床に増やし、手術室も14室から20室に、外来診察室も78室から98室にそれぞれ大幅増とするなど、各種設備を充実させたからだ。総事業費は417億円(土地代を除く)。各種医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事