m3.com トップ>医療維新>インタビュー|新建築探訪>ブランド力向上、JCIの認証取得を目指す - 虎の門病院◆Vol.2

ブランド力向上、JCIの認証取得を目指す - 虎の門病院◆Vol.2

大内尉義院長「災害対策を強化、インバウンドなど国際化も図る」

2019年7月16日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――新病院は、「虎ノ門二丁目地区」の再開発地域の一角にあります。基本コンセプトはいつ頃から検討を始めたのでしょうか(建築の詳細は、『19階建ての新病院にリニューアル-虎の門病院◆Vol.1』を参照)。虎の門病院の開設は1958年。長年使用している建物もあり、病院のコンセプトが古く、個室が少ないことも含めて、患者ニーズに対応できないという課題を抱えており、15年以上前から検討が始まっていました。この土地は、もともとは鍋島藩の中屋敷。そこに当院のほか、JTビル、国立印刷局本局・虎の門工場、共同通信会...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事