m3.com トップ>医療維新>インタビュー|新建築探訪>目指すは「優秀な医師を呼べる病院」- 虎の門病院◆Vol.3

目指すは「優秀な医師を呼べる病院」- 虎の門病院◆Vol.3

大内尉義院長「新病院というハード土台にソフト面を充実」

2019年7月24日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――新病院では、災害対応等を充実したハード完成後の今、今後の病院経営方針をどう描いておられるのでしょうか(建築の詳細は、『19階建ての新病院にリニューアル-虎の門病院◆Vol.1』を参照)。先ほどもお話ししましたが、カギはブランド力の向上です。特徴のある診療科を幾つ持つことができるかが、今後病院が生き延びるための戦略だと思っています。その一つが、間脳下垂体外科。この診療科を持っている病院は全国でも数少ないため、患者さんは全国各地から訪れ、年間300例前後の手術をしています。従来から血液内科も充実...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事