m3.com トップ>医療維新>レポート|無給医問題>「無給医=自己肯定感の崩壊」全国医師ユニオンシンポジウム

「無給医=自己肯定感の崩壊」全国医師ユニオンシンポジウム

2人の無給医が発言、「教授が辞める日まで耐える」との悲痛な叫びも

2019年7月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


「無給医を経験して最も感じたのは、自己肯定感が崩壊すること。(他の医師と)同じことをしている、人の役に立とうとしているのに、なぜか給料がもらえない。私の年収は、36万円+当直代。有給の医師とは約500万円の差がある。しかも、『それは間違っているのではないか』と訴えると、『お前はわがままだ』と言われるのは、本当に意味が分からない」「週1日、大学病院での外来診療のために2時間半かけて通勤しているが、自己研鑽扱いのため無給で、交通費ももらえない。労働基準監督署と文部科学省にも、電話をかけたが、取り合っ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事