m3.com トップ>医療維新>レポート>「何でも無料にするべきか?」兵庫県三田市長

「何でも無料にするべきか?」兵庫県三田市長

「子ども医療費無料」対象を縮小、助成総額削減

2019年7月18日 水谷悠(m3.com編集部)


子ども医療費の助成は全ての都道府県、全ての市町村が行っており、対象は拡大傾向にある。そんな中で、中学3年生まで全て無料だった兵庫県三田市が、2018年7月に対象を縮小する方向に舵を切った。未就学児は引き続き全て無料だが、小中学生は低所得者を除いて、医療機関一つ当たり通院月2回まで、1回最大400円の一部負担金を導入した。2020年7月からはさらに、所得制限額以上の世帯について一部負担金を1日最大800円に増額する予定だ。人口減少、少子高齢化の中で住民を引きつけるため自治体が競うように助成を拡充す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

2021年度専攻医1次応募、耳鼻咽喉科・小児科・総合診療で減少 2020/11/24

都医会長「GoToトラベル、一時中断を」 2020/11/20

医療計画、6事業目として「新興感染症等対策」を追加 2020/11/20

「ビデオ通話での実施可」へ、特定保健指導の初回面接 2020/11/20

5つの新型コロナ対応事例を基に議論、地域医療構想WG 2020/11/6

コロナ禍で「受診抑制」も7割は体調悪化せず、健保連調査 2020/11/6

日本医師会最高優功賞20人、医学賞3人が受賞 2020/11/1

「外来機能報告(仮称)」、診療所も対象にすべきか 2020/11/1

2021年度医学部定員、27人増の9357人 2020/10/29

佐々木希氏が「私もかかりつけ医に電話で相談」 2020/10/28

薬剤師の卒後病院研修義務化、日病協が提言検討 2020/10/23

医師国試「出題範囲絞るべき」、改善検討部会 2020/10/23

マイナンバー活用の情報提供はオールオアナッシング 2020/10/22

感染症と医療計画の議論を開始、厚労省検討会 2020/10/2

慶應医学賞に理研・宮脇氏、ジェネンテック・レゲフ氏 2020/10/1

医師11人、歯科医師13人、不正請求などで行政処分 2020/9/25

医療機関の広告事項に「医師の働き方改革」是非は? 2020/9/24

西村担当相、新政権で「規制改革・デジタル化、強力に推進を」 2020/9/15

HPVワクチン積極的勧奨再開目指し「国民の命を守る会」参加へ 2020/9/15

NCD「世界に誇れるビッグデータに成長」、設立10周年記念式典 2020/9/13