m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>開業医41.5%、勤務医49.7%「職場でハラスメント受けた」

開業医41.5%、勤務医49.7%「職場でハラスメント受けた」

何でもハラスメント「ハラ・ハラ」問題視する声も

2019年7月21日 長倉克枝(m3.com編集部)


厚生労働省によると2018年度に各地の労働局などに寄せられた民事上の労働相談のうちパワーハラスメントやいじめに関するものが約8万件と前年より約1万件増加し、7年連続最多を更新した。最近では、聖路加国際病院でのパワハラ訴訟も報道された(『パワハラで院長らを提訴、聖路加国際病院医長』参照)。また、今年5月には職場のハラスメント対策強化を目的とした女性活躍・ハラスメント規制法が成立し、企業にパワハラ防止対策を取るよう初めて法律で義務付けがされる。こうした中で、職場でのハラスメントについてm3.com医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事