m3.com トップ>医療維新>レポート>「診療しないこと」が正当化される場合など周知へ

「診療しないこと」が正当化される場合など周知へ

厚労省が通知発出の方針、社保審・医療部会で

2019年7月19日 大西裕康(m3.com編集部)


厚生労働省は7月18日に開いた社会保障審議会医療部会の会議で、医師の応召義務について「現代における応召義務」に関する解釈通知を発出するとの方針を示した。医療提供体制や医師の勤務環境に関する観点も考慮した「医師・医療機関が診療しないことが正当化される考え方」なども含む見通し。上智大学法学部教授で同医療部会の委員も務める岩田太氏が研究代表者の厚生労働科学研究「医療を取り巻く状況の変化等を踏まえた医師法の応召義務の解釈に関する研究」の報告書がまとまったことを受けた対応(資料は、厚労省のホームページ)。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「厚労省はスピード感がない」電カル標準化で日医・羽鳥氏が苦言 2019/11/21

厚労省PHR、民間事業者参入で議論「モラルか、ルールか」 2019/11/20

10法人で「地域医療の最適化」実現目指す-日本海ヘルスケアネット◆Vol.1 2019/11/20

デーモン閣下「医療現場の実情、もっと知らなくては」 2019/11/18

「AIホスピタル」慶應大・阪大など4病院で実装 2019/11/12

救急救命士の活動範囲、病院内にも拡大を検討、厚労省 2019/11/8

「遺体の本人確認は盲点、最後までリストバンド外さず」 2019/11/7

都道府県基金に国費855億円、効果検証求める声相次ぐ 2019/11/6

オンライン診療「疾患制限を撤廃、医師の裁量拡大を」 2019/11/6

内保連「意思決定支援管理料の新設を」、三保連シンポ 2019/11/5

「診療報酬本体引き下げ、給与減の要請と同じ」、横倉日医会長 2019/11/1

日本医師会最高優功賞20人、医学賞3人が受賞 2019/11/1

医師4人、歯科医師1人に行政処分 2019/11/1

「医師の支援を受けてなされる自殺に反対」WMA宣言 2019/10/31

HPVワクチン報道の名誉毀損裁判、上告受理申立てへ 2019/10/30

透析中止死亡女性の夫「なぜ再開してもらえなかったのか」 2019/10/28

厚労省、2019年度内にNIPT実態調査へ 2019/10/24

“健保の危機”、10万ツイート、2週間で達成 2019/10/21

公立福生病院へ2200万円請求、透析中止で遺族提訴 2019/10/17

がん・難病の全ゲノム解析、日本でも検討開始 2019/10/17