m3.com トップ>医療維新>オピニオン|志賀隆の「救...>女性医師がカギ!救急専門医倍増私案

女性医師がカギ!救急専門医倍増私案

救急医療は3K?時短勤務の積極導入で変わる!

2019年8月2日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)


7月の暑い土曜日午後のことでした。自転車に乗っていた45歳の加藤さん(仮名)は道路の段差につまずいて自転車から放り出された。加藤さんは額から血を流し、右手はフォークのように変形しています。親切な通りがかりの見知らぬ人が、痛みに苦しむ加藤さんのために救急搬送の要請をしてくれました。5分も経たないうちに救急車が到着。救急隊は迅速に加藤さんの外傷を評価しました。問題はそこからでした。加藤さんは救急車内に迅速に移動されましたが、救急車が出発できないのです。なぜなのでしょうか。救急隊の評価では、加藤さんは...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事