m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>「人を救うには、まず自分が健康でなければならない」

「人を救うには、まず自分が健康でなければならない」

日本救急医学会、医師の働き方改革で声明

2019年7月23日 水谷悠(m3.com編集部)


日本救急医学会は7月22日に記者会見し、「医師の働き方改革」に関する声明を発表した。「人を救うには、まず自分が健康でなければならない」として、救急医にとって適正な労働環境を整えることを目指すアクションプラン6項目を掲げる。「医師の働き方改革に関する特別委員会」で6項目の具体的な内容などを検討しており、今年10月に報告書をまとめる予定。近く配布するポスター(日本救急医学会提供)代表理事の嶋津岳士氏は「若い人はQOLも大切にしており、私達が研修したころとは違う。彼らが来やすいような環境を提供するのが...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

「医師の過重労働、タスクシフトで軽減できるか」医療法務研究協会セミナー 2020/10/4

副業・兼業先合わせて年1860時間のB水準提案、厚労省 2020/10/1

バイトの勤務時間は事前自己申告の方針 2020/8/29

勤務医の時間外、年960時間超が37.8% 2020/8/4

医師の働き方改革と医療安全、その工夫 2020/7/29

日医、罰則付き時間外労働上限の2024年度施行猶予提案 2020/6/18

「医師の健康を基盤とした医療」、日医委員会答申 2020/3/12

副業・兼業先を通算して「追加的健康確保措置」 2020/3/11

「医師の特殊性」議論、日医が検討会設置 2020/2/27

厚労省「静脈路確保」検査技師らに移管目指す 2020/2/20

「大学と言えるのか」無給医実態調査で医師ユニオン代表 2020/2/7

「都市部での急性期病院の集約化」を提言、全医連 2020/1/28

技師・技士による静脈路確保は可能か、看護師からは慎重意見 2020/1/21

兼業規制、8割の病院が「宿日直の維持困難」と回答 2020/1/14

「B、C水準」指定の仕組み等、議論は越年 2019/12/26

タスク・シフト/シェア、是非や責任の所在で意見分かれる 2019/12/26

働き方「評価機能」試行、病院は「準備が手間」 2019/12/4

複数医療機関で勤務する医師の管理、責任はどこが? 2019/12/3

在院時間管理62.2%が導入済み、厚労省調査 2019/11/28

特定行為導入で医師から看護師への指示3分の1以下に 2019/11/21