m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>「勤務医が起業」、お役立ち情報をお教えします

「勤務医が起業」、お役立ち情報をお教えします

自分が倒れた時のリスクヘッジから節税対策まで

2019年8月4日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


13回目です。最近僕の周りにも、医師で会社を作る人がますます増えてきました。世の中に会社は多分400万社ほどあり、年間10万社以上が新たに設立されています。中でも合同会社という形態は株式会社に比べて設立や運用が簡単なせいか、年々増えてきており、今では創業する会社のうち5社に1社以上は合同会社です。ただそれでも資金を調達して事業をしようという先生方は株式会社を作っておられます。そうやって会社を運営している方の多くはキラキラしているのですよね。うちの会社はこんな賞を取ったとか、こんな社員が生き生きと...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事