m3.com トップ>医療維新>インタビュー>医療資源乏しい地域の秘策に - 江津メディカルネットワーク◆Vol.3

医療資源乏しい地域の秘策に - 江津メディカルネットワーク◆Vol.3

中澤・同ネットワーク代表理事(江津総合病院院長)に聞く

2019年8月14日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――「クロスアポイントメントシステム」の医師の待遇はどうなるのですか。クロスアポイントメントシステムは、病院と診療所の双方に籍を置くことになります。例えば1週間のうちの1日とか2日などの勤務でも、各医師の都合に応じて、業務従事割合を決めることができることが、このシステムのメリットです。給与は業務従事割合、またその先生の専門性などに応じて個別に交渉して決める予定です。特殊な技術をお持ちの先生には、「ドクターフィー」のように何らかの上乗せすることも想定しています。社会保険は、例えば週5日のうち、半分...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

2018年度入試で「同窓生子女に加点」の訳-金沢医大学長・副学長に聞く◆Vol.1 2019/9/19

県のシンクタンク的機能を果たすのが狙い-吉村健佑・千葉大次世代医療構想センター長に聞く◆V... 2019/9/17

データ以上に重要なのは「医療者の勘と経験」-河原和夫・東京医歯大政策科学教授に聞く◆Vol... 2019/9/4

最善の治療か?大会出場が優先か?葛藤も-中嶋耕平・JISSメディカルセンター副主任研究員に... 2019/8/31

「計画ばかり」、厚労行政に疑問-河原和夫・東京医歯大政策科学教授に聞く◆Vol.2 2019/8/27

将来は「医療費の総予算制」もあり得るか-田倉智之・東大特任教授に聞く◆Vol.3 2019/8/24

オリンピックに3回帯同、「選手の結果が全て」-中嶋耕平・JISSメディカルセンター副主任研... 2019/8/22

都独自の問題を顕在化させ、2040年に備える-河原和夫・東京医科歯科大政策科学教授に聞く◆... 2019/8/20

費用対効果評価、診療ガイドラインでも導入-田倉智之・東大特任教授に聞く◆Vol.2 2019/8/17

日本レスリング協会のチームドクター歴20年-中嶋耕平・JISSメディカルセンター副主任研究... 2019/8/16

医療資源乏しい地域の秘策に-江津メディカルネットワーク◆Vol.3 2019/8/14

財政リスクを減らしつつ、資源配分を効率化-田倉智之・東大特任教授に聞く◆Vol.1 2019/8/10

スポーツ医学の知識を「検定」で広める-日本スポーツ医学検定機構代表理事の大関信武氏に聞く 2019/8/10

病院と診療所の共存共栄を目指す-江津メディカルネットワーク◆Vol.2 2019/8/8

医学部定員減、受け入れざるを得ず-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.3 2019/7/26

病院総合医は“負け組”にあらず、幹部候補生-済生会熊本病院◆Vol.4 2019/7/20

“無給医”の定義曖昧、文科省調査は不十分-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.2 2019/7/17

超急性期病院の“無医村”をなくすが狙い-済生会熊本病院◆Vol.3 2019/7/12

医学教育や医療の制度変更、私立大運営を圧迫-小川彰・医大協会長に聞く◆Vol.1 2019/7/10

医師の働き方を根本から変える第一歩-済生会熊本病院◆Vol.2 2019/7/2