m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>NICEガイドライン、英国の医療、国民、医療政策にまで浸透

NICEガイドライン、英国の医療、国民、医療政策にまで浸透

医療の標準化に貢献、GP診療所の報酬ともリンク

2019年8月12日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科・国際診療部総合診療医)


2014年、まだ私が英国のロンドン西部の街、チズウイック(Chiswick)で家庭医診療所のパートナーになって間もない時の話である。私が良く知っている50代の男性患者が私の部屋に入ってくるなり相談してきた。「私はコレステロールが高いのだけど、この先10年で心筋梗塞や脳梗塞に罹るリスクが何パーセントなのか教えてほしい。コレステロールに対しての薬は必要なのか」と。このような質問で受診する患者はこれで今週3人目だ……と思いながら、患者本人にその理由を聞いてみた。NationalInstitutefor...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事