m3.com トップ>医療維新>レポート|新建築探訪>医療クラスター「健都」に新築移転 - 国立循環器病研究センター病院◆Vol.1

医療クラスター「健都」に新築移転 - 国立循環器病研究センター病院◆Vol.1

循環器系疾患のナショナルセンターの基盤を強化

2019年8月9日 橋本佳子(m3.com編集長)


国立循環器病研究センターは7月1日、JR吹田操車場跡地で再開発が進む「北大阪健康医療都市」、通称「健都(けんと)」に新築移転した。JR新大阪駅から3駅、8分のJR岸辺駅の駅前という好立地。駅からはペデストリアンデッキでつながり、雨に濡れずにセンターに行くことが可能だ。国立循環器病研究センター外観イメージ図。右下のペデストリアンデッキがJR岸辺駅につながっている(提供:同センター。以下、同じ)センターは、「エントランス棟」、「病院」、「研究所」の3棟から成る。敷地面積は約3万m2。延べ床面積は、病...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事