m3.com トップ>医療維新>インタビュー|新建築探訪>ハイブリッド手術室4室、ICU等も大幅増 - 国立循環器病研究センター病院◆Vol.2

ハイブリッド手術室4室、ICU等も大幅増 - 国立循環器病研究センター病院◆Vol.2

小林順二郎院長「研究から臨床までを一貫して取り組む」

2019年8月15日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――新病院の建築に当たっての基本的なコンセプトをお教えください。国循は1977年に創設、2010年4月には独立行政法人化、2015年4月から国立研究開発法人として運営しています。「循環器疾患の究明と制圧」を理念に掲げ、「高度医療提供」、「最先端研究推進」、「リーダー的人材育成」、「高い倫理性と安全性の実現」、「やりがいのある職場環境づくり」の5つが基本方針です。その理念、基本方針の下、この7月1日に、北大阪健康都市、すなわち「健都(けんと)」の中心に位置し、拡張性のある場所に移転しました。研究所...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事