m3.com トップ>医療維新>インタビュー|新建築探訪>予防医療も強化、まちづくりの中核的拠点に - 国立循環器病研究センター病院◆Vol.3

予防医療も強化、まちづくりの中核的拠点に - 国立循環器病研究センター病院◆Vol.3

小林順二郎院長「新専門医制度が若手採用のネックに」

2019年8月20日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――一方で、予防や早期発見への取り組みはいかがでしょうか。旧病院時代の2018年4月から高度循環器ドックを始められています。1泊2日で、60万円(税別)と高額です。高度循環器ドックは、「統合探索的生体観測プロジェクト」と連動したドックで、心臓・頭部・頸部MRIや心SPECT検査をはじめ、通常の健診やドックでは行わない高度な検査を1泊2日で行います。今は平日のみの実施で週に4人、今後、土日曜日も実施予定で、週6人程度できるようにします。受診者のデータは、本センターのバイオバンクに蓄積し、先進医療の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事