m3.com トップ>医療維新>オピニオン|神田橋宏治の...>産業医の「オンライン面談」は可能?

産業医の「オンライン面談」は可能?

学会内に研究会を立ち上げてみました

2019年8月18日 神田橋宏治(医師、DB-SeeD社長)


さて14回目です。今いくつかの勉強会や研究会を主宰しています。今回は小さな研究会を今春立ち上げた話をします。産業医は従業員と面接・面談をする機会が色々あります。主なところでは、長時間残業者に対しての法令で定められた面談、ストレスチェックの面談です。一方、法令上の義務はないのですが、休職者に対する復職時や復職後のフォローアップの面談、定期健康診断の結果に基づいて指導や就業措置を行うための面談も広く行っています。診療と同じように、面談も実際に対面で行うのが原則です。ですが、例えば地方の営業所に配属さ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事