m3.com トップ>医療維新>医師調査|定期調査「勤...>働き方改革「有休取得の義務化」が4割弱で最多◆Vol.9

働き方改革「有休取得の義務化」が4割弱で最多◆Vol.9

時間管理の仕組み導入は2割弱

2019年8月27日 高橋直純(m3.com編集部)


Q:業務環境の変化は具体的にどのようなものでしょうか。【複数選択】変化した項目について複数選択で尋ねたところ、「有休取得の義務化」が36.8%で最も多く、「タイムカードの導入などの時間管理の仕組み導入」の18.4%、「代休取得の厳密化」の10.6%と続いた。その他として寄せられたのは以下の通り。・当直の廃止→夜間勤務へ。・一部フレックス。・働いても超勤がつけられなくなった。・当直明け早引きシステム。・土曜日外来の廃止。・未払い残業代の後日支給。・研修医の夜間勤務がなくなった。・みなし残業導入した...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事