m3.com トップ>医療維新>医師調査|定期調査「勤...>働き方改革の弊害、「医師へのしわ寄せ」が14.3%◆Vol.10

働き方改革の弊害、「医師へのしわ寄せ」が14.3%◆Vol.10

「若手の成長スピードの減退」は大学病院で8.5%

2019年9月6日 高橋直純(m3.com編集部)


Q:一連の改革によって、弊害はありましたか。【複数選択】働き方改革による「弊害」の有無について尋ねたところ、47.3%が「特になし」だった。次いで多かったのは「一部のスタッフ(医師)へのしわ寄せ」が14.3%で、「時間外手当の減少による手取り収入減」も9.1%だった。病院種別で見ると、「特になし」は大学病院で29.7%、公的病院で36.4%と、公立、民間病院に比べて少なかった。「若手の成長スピードの減退」は大学病院で8.5%と相対的に高かった。【調査の概要】・調査期間:2018年6-7月・回答者...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事